臨床試験事業

臨床試験事業

  • 循環器領域
  • 代謝・内分泌領域
  • 消化器領域
  • 骨・関節領域
  • その他の領域

臨床試験事業

製品(食品、機器など)の健康機能性評価

 ・豊富なヒト試験受託実績(300件以上)に基づく経験とノウハウが違いを生みます

高精度かつ迅速なヒト試験

  1. コンプライアンスに優れた5万人を超える被験者バンクからの迅速なリクルート
  2. ヒト試験の実績豊富な協力医療機関における全被験者同一環境・同一スケジュール(天候・気温等の影響を最小化; ただし、カレンダー要因を最小化するために複数日程で実施する場合あり)での試験実施と高い試験精度管理
  3. 測定ミス・測定漏れ・入力ミスを未然に防ぐ、独自開発の電子カルテシステム
  4. 対面・電話・メール・Web等によるきめ細かな被験者管理システム
  5. 熟練スタッフによる経時採血試験などの秒単位タイムコントロールオペレーション
  6. 外部研究機関医師よりなる第三者機関(脱落・除外検討委員会)による試験データの信頼性確保
  7. 万全な個人情報保護・管理 (2007年4月4日プライバシーマーク取得済)

被験者バンク

総合医科学研究所では、5万人を超える被験者バンクを有しています。様々な領域のヒト試験において、迅速に被験者リクルートを完了することが可能です。

最高レベルの学術・トクホ申請支援

  1. 各疾病領域のオピニオンリーダーとして活躍する大学・研究機関医師(学会理事クラス約30名)が、共同研究者として試験プロトコル立案、論文執筆(共著者)・トクホ申請・マーケティングに協力します。
  2. 社内にヒト試験に精通した医師が在籍し、ヒト試験のオペレーションにあたります。
  3. トクホ申請・審査知したプロが試験開始時よりトクホ取得までをトータルにサポートします。

高度バイオマーカー系を提供

産官学連携「疲労定量化及び抗疲労医薬・食品開発プロジェクト」で確立された疲労バイオマーカー、血管内皮機能、眼精疲労、呼吸商、アディポサイトカイン、肌評価など、高度バイオマーカー技術を駆使して御社素材の特長を確実に引き出します。医師をも納得させ得るデータは医科向けマーケティング(下記)にも最適です。

呼吸商

血管内皮機能(プレチスモグラフ)

調節機能解析装置(HFC測定)

医師会主導の市販後調査・ヒト試験によるマーケティング

グループ会社の(株)エビデンスラボ(博報堂との合弁企業)が、大阪府内科医会(医師会員900余名)と協働して、トクホ・サプリ等の医療機関における市販後調査(販売支援)を行います。(2008年には首都圏での調査を開始)
臨床試験で得られたエビデンスが、トクホの許可を待たずに活用でき、(1)医師を介したユーザー(患者)への的確なエビデンス情報の伝達、(2)医薬品併用時の安全性データなど、臨床データの取得、(3)医師により使用された食品としての他社製品との差別化、などが可能となっています。

ページトップに戻る