論文リスト

論文リスト

論文リスト

Title Publication Source

鯨肉抽出物の身体作業負荷および日常作業による疲労に対する軽減効果

薬理と治療 2013; 41: 879-93

高圧電位治療器の不定愁訴に対する効果-頭痛・肩こり・睡眠の質・便秘の改善について-

日本未病システム学会誌 2013; 19: 19-29

新開発LED照明の室内環境快適性に及ぼす効果(第3報)-作業能率に関する検討-

日本補完代替医療学会誌 2013; 10: 25-37

植物ステロール配合チョコレートの境界域および軽度高コレステロール血症者における血清コレステロール低下作用: 長期摂取時の有効性および安全性のランダム化二重盲検試験による検討

日本栄養・食糧学会誌 2012; 65: 261-70

植物ステロール配合チョコレートの過剰摂取における安全性の検討

薬理と治療 2012; 40: 807-17

境界域あるいは軽度高コレステロール血症者における植物ステロール配合チョコレートの血清コレステロール低下作用―至適摂取用量の検討―

薬理と治療 2012; 40: 795-805

新開発LED照明の室内環境快適性に及ぼす効果(第2報)-日中作業後休息時における使用-

日本補完代替医療学会誌 2012; 9(2): 137-48

プラズマクラスターイオンのダニアレルゲン低減による通年性アレルギー性鼻炎と疲労に対する軽減効果

日本補完代替医療学会誌 2012; 9(1): 19-30

新開発LED照明による室内環境が睡眠改善および快適性に及ぼす効果

日本補完代替医療学会誌 2012; 9(1): 31-41

気流循環機器におけるコアンダ気流制御による疲労軽減効果

日本未病システム学会誌 2012; 18(2): 44-54

過熱水蒸気調理の食後血中脂質の上昇抑制効果

Health Sciences 2011; 27(2): 135-43

イミダペプチド

Anti-aging Science 2011; 3(2): 141-8

疲労定量化から抗疲労食品開発まで

食品工業 2011; 54(2): 46-51

末梢血RNAに現れる疲労

日本疲労学会誌 2011; 6(2): 36-42

Effect of exercise on gene expression profile in unfractionated peripheral blood leukocytes.

Biochem Biophys Res Commun 2010; 391(1): 846-51

疲労を自覚する就労者に対する熟成ニンニク抽出液配合製剤「レオピンファイブネオ」の抗疲労効果

診療と新薬 2011; 8(1): 27-33

空腹時血糖値が正常高値以上の肥満者においてグルセナSRを朝食代替として使用した場合の糖尿病発症リスク低減効果

薬理と治療 2010; 38(11): 1051-1066.

Lowering of Postprandial Hyperfructosemia in Humans by Eucalyptus Leaf Extract:A Randomized,Double-blind,Placebo-contorolled Crossover Study

Food Science and Technology Research 2010; 16(5): 509-512.

Aspartame-Acesulfame K-containing Low-Energy Erythritol Sweetener Markedly Suppresses Postprandial Hyperglycemia in Mild and Borderline Diabetics

Food science and technology research 2010; 16(5): 457-466.

過熱水蒸気調理の食後中性脂肪上昇および脂質過酸化に対する抑制効果

日本補完代替医療学会誌 2010; 7(2): 117-120.

プラズマクラスターイオンの肌保湿効果および快適性向上作用

日本補完代替医療学会誌 2010; 7(2): 113-116.

Effect of crocetin from Gardenia Jasminoides Ellis on sleep: A pilot study

Phytomedicine 2010; 17: 840-843.

Vinegar Intake Enhances Flow-Mediated Vasodilatation via Upregulation of Endothelial Nitric Oxide Synthase Activity

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2010; 74(5): 1055-1061.

特集 疲労と機能性食品
 8、ヒト試験による食品成分の機能性評価

フジメディカル出版 2010; 3(4): 339-344.

つつみ込む気流制御エアコンの暖房使用時における抗疲労・快適性への有用性の検討

日本補完代替医療学会誌 2010; 7(3): 1-9.

ヒトの心の中を知る
-ホモ・サピエンスが知能機械から受けるストレス-

シーエムシー出版刊 2010; 30(4): 72-76.

すこやかシャワー気流制御エアコンの夜間・日中連続使用における疲労軽減効果

日本未病システム学会雑誌 2009; 5(2): 197-207.

エアーマッサージチェアのデスクワークによる疲労に対する有用性

日本補完代替医療学会誌 2009; 6(3): 143-150.

新規抗疲労成分:イミダゾールペプチド

日本補完代替医療学会誌 2009; 6(3): 123-129.

「MSMおよび鶏軟骨抽出物含有食品」の変形性膝関節症改善作用に関するヒト臨床評価

薬理と治療 2009; 37(7): 597-610.

Daily oral administration of crocetin attenuates physical fatigue in human subjects

Nutrition Research 2009; 29(3): 145-150.

りんごポリフェノール「アップルフェノンR」の生活習慣病に対する有用性

日本補完代替医療学会雑誌 2009; 6(2): 69-74.

健康維持・補完代替医療素材としての紅麹

日本補完代替医療学会雑誌 2009; 6(2): 45-51.

ガレート型カテキン配合飲料の女性における体脂肪低減作用
 -ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験-

薬理と治療 2009; 37(6): 521-527.

17種類アミノ酸混合物の日常生活および運動負荷に対する抗疲労効果

薬理と治療 2009; 37(5): 433-443.

ストレスと眼精疲労
 -Fatigue and asthenopia-

眼科 2009; 51(4): 397-407.

グルタチオン含有乳飲料のヒト試験成績:肌の抗光老化効果と血行改善効果

Health Sciences 2009; 25(2): 77-88.

イミダゾールペプチド配合飲料の日常的な作業のなかで疲労を自覚している健常者に対する継続摂取による有用性 -第一次エントリー207名の解析結果報告-

薬理と治療 2009; 37(3): 255-263.

ヤーコン葉・茎エキス配合食品の長期反復摂取時における安全性および食後血糖上昇抑制効果の減弱性の検討

薬理と治療 2009; 37(3): 265-275.

Caを含むフィッシュソーセージ過剰量摂取時の安全性

薬理と治療 2009; 37(2): 145-152.

「サーモンペプチド配合飲料」の正常高値および軽症高血圧者に対する血圧降下作用の用量相関性確認試験

薬理と治療 2009; 37(2): 133-143.

つつみ込む気流制御エアコンの健常女性における健康維持および疲労に対する有用性

日本補完代替医療学会誌 2009; 6(1): 27-34.

抗疲労食品開発プロジェクト

医学のあゆみ 2009; 228(6): 722-726.

疲労の生化学的バイオマーカー(血液、尿)

医学のあゆみ 2009; 228(6): 659-663.

Mental and physical fatigue-related biochemical alterations.

Nutrition 2009; 25(1): 51-57.

エアーマッサージチェアのデスクワークによる疲労に対する有用性

Health Sciences 2008; 24(3): 325.

糖転移ヘスペリジン配合食品の長期摂取時の体重および体脂肪低減効果

健康・栄養食品研究 2008; 11(3): 1-17.

難消化性デキストリン配合茶飲料の長期摂取および過剰摂取における安全性の検討

薬理と治療 2008; 36(12): 1167-1176.

糖転移ヘスペリジン配合食品の摂取による体重および血清中性脂肪低減効果 -有効用量確認試験-

薬理と治療 2008; 36(12): 1141-1158.

植物性発酵食品由来乳酸菌Lactobacillus brevis KB290を利用した飲料の便秘傾向者に対する臨床的有用性の検討

日本病態栄養学会誌 2008; 11(3): 283-290.

L-ornithine supplementation attenuates physical fatigue in healthy volunteers by modulating lipid and amino acid metabolism.

Nutrition Research 2008; 28(11): 738-743.

鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料による正常高値血圧者に対する降圧作用のサブグループ解析

薬理と治療 2008; 36(10): 911-918.

ディスポーザブル型内視鏡把持位置決めロボット

日本ロボット学会誌 2008; 26(6): 502-513.

鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料の軽症高血圧者に対する降圧作用の検討

日本臨床栄養学会雑誌 2008; 29(4): 414-424.

機能性食品の市販後調査研究
 -Bifidobacterium lactis DN-173 010を含む市販ヨーグルトの便秘傾向者に対する有効性および安全性の検討-

薬理と治療 2008; 36(6): 501-7.

GABA高含有黒酢の継続摂取による血圧低下効果と安全性

薬理と治療 2008; 36(5): 429-44.

鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料による軽症高血圧者および正常高値血圧者に対する降圧作用と安全性の検討

薬理と治療 2008; 36(6): 561-75.

鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料の過剰摂取時における安全性

薬理と治療 2008; 36(6): 549-59.

抗疲労食薬開発

治療 2008; 90(3): 503-508.

疲労のバイオマーカー開発と抗疲労食薬の開発

現代化学 2008; 3: 35-37.

健常者を対象としたCBEX-Dr配合飲料の長期摂取における安全性

薬理と治療 2008; 36(3): 213-24.

健常者を対象としたCBEX-Dr配合飲料の過剰摂取における安全性

薬理と治療 2008; 36(3): 225-35.

CBEX-Dr配合飲料の健常者における抗疲労効果

薬理と治療 2008; 36(3): 199-212.

Effects of oral administration of caffeine and D-ribose on mental fatigue.

Nutrition 2008; 24(3): 233-238.

地域医療計画の視点からみた「第五次改正医療法」の課題と展望

病院設備 2008; 50(2): 205-206.

調節機能解析装置(AA-1)による眼精疲労評価法の検討

病院設備 2008; 50(2): 201-202.

エビデンスに基づくサプリメントの選択と新医療ビジネス

病院設備 2008; 50(2): 145-146.

機能性食品の市販後調査研究
 -不眠傾向者に対するグリシン摂取の安全性と有用性の検討-

日本臨床内科医会会誌 2008; 22(5): 578-584.

Antifatigue effects of coenzyme Q10 during physical fatigue.

Nutrition 2008; 24(4): 293-299.

「アクアQ10RP40 配合錠剤」の健常者における疲労軽減作用

薬理と治療 2008; 36(2): 141-152.

Development of a Method of Evaluation of Fatigue and Its Economic Impacts

Fatigue Science for Human Health 2008; 33-46.

日本人の成人男女におけるL-カルニチン配合飲料多量摂取の安全性

健康・栄養食品研究 2007; 10(2): 1-8.

ランダム化二重盲検試験によるサーモンペプチド配合飲料長期摂取時の血圧降下作用および安全性の検討

薬理と治療 2007; 35(12): 1261-1277.

アルギン酸オリゴ糖ナトリウム塩の正常高値および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性および安全性

薬理と治療 2007; 35(5): 519-531.

ラクトトリペプチド(VPP,IPP)含有タブレットの軽症高血圧者に対する有効性の予備的検討

新薬と臨床 2007; 56(12): 2039-2047.

Casein hydrolysate containing the antihypertensive tripeptides Val-Pro-Pro and Ile-Pro-Pro improves vascular endothelial function independent of blood pressure-lowering effects: contribution of the inhibitory action of angiotensin-converting enzyme.

Hypertension Research 2007; 30(6): 489-496.

Effects of Citric Acid and L-Carnitine on Physical Fatigue

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 2007; 41(3): 224-230.

植物ステロール含有飲料摂取による総コレステロールがやや高めの人に対する血清コレステロールに及ぼす影響

薬理と治療 2007; 35(9): 989-1003.

L-カルニチン配合飲料の摂取がヒトの体脂肪に及ぼす影響

肥満研究 2007; 13(2): 180-188.

L-カルニチン配合飲料の過体重から肥満例における脂質代謝改善効果についての検討

肥満研究 2007; 13(2): 170-179.

Effects of ApplephenonR and ascorbic acid on physical fatigue

Nutrition 2007; 23(5): 419-423.

レモンクエン酸の疲労感軽減効果 -疲労感を自覚する625名を解析対象としたプラセボ対照WEB調査-

薬理と治療 2007; 35(7): 821-828.

「レモンクエン酸配合飲料」の疲労を感じやすい健常者における抗疲労作用

薬理と治療 2007; 35(7): 809-819.

Mental fatigue-induced decrease in levels of several plasma amino acids.

Journal of Neural Transmission 2007; 114(5): 555-561.

クロセチン高含有クチナシ抽出物による眼精疲労改善効果

視覚の科学 2007; 28(2): 77-84.

チキンスープの摂取が肌状態に及ぼす影響

Health Sciences 2007; 23(3): 165-173.

健康補助食品の市販後学術調査

大阪府内科医会 会誌 2007; 16(1): 120-130.

燕龍茶フラボノイド含有飲料の過剰摂取時(3倍量)における血圧への影響と安全性の検討(第Ⅱ報)
 :一度に摂取した場合

Health Sciences 2007; 23(2): 130-139.

燕龍茶フラボノイド含有飲料の過剰摂取時(3倍量)における血圧への影響と安全性の検討(第Ⅰ報)
 :一日3回に分けて摂取した場合

Health Sciences 2007; 23(2): 117-129.

「大豆たんぱく質粉末食品」の過剰摂取時における安全性

薬理と治療 2007; 35(4): 379-389.

Effects of probiotics on allergic rhinitis induced by Japanese cedar pollen: randomized double-blind, placebo-controlled clinical trial.

International archives of allergy and immunology 2007; 143(1): 75-82.

抗疲労サプリメント

治療 2007; 89: 1200-1206.

鰹節だし摂取による日常生活における眼精疲労症状の改善効果

薬理と治療 2007; 35(3): 343-348.

Factors responsible for glucose intolerance in Japanese subjects with impaired fasting glucose.

Hormone and Metabolic Research 2007; 39(1): 41-45.

トマト酢含有飲料の過剰摂取時の安全性の検討

薬理と治療 2007; 35(1): 89-99.

鰹節だし継続摂取が眼精疲労に及ぼす影響

視覚の科学 2006; 27(4): 95-101.

Effect of β-Crytoxanthin on Circulating Bone Metabolic Markers: Intake of Juice (Citrus Unshiu) Supplemented with β-Cryptoxanthin Has an Effect in Menopausal Women

Journal of Health Science 2006; 52(6): 758-768.

Does dependency of sodium alginate oligosaccharides in a randomized double-blind placebo-controlled clinical study in subjects with high normal blood pressure and mild hypertension

薬理と治療 2006; 34(11): 1267-1277.

The effects of a probiotic milk product containing Lactobacillus casei strain Shirota on the defecation frequency and the intestinal microflora of sub-optimal health state volunteers: a randomized placrebo-controlled cross-over study.

Bioscience Microflora 2006; 25(2): 39-48.

乳酸菌発酵により生産したγ-アミノ酪酸(GABA)の過剰摂取時の安全性

薬理と治療 2006; 34(6): 711-721.

落花生種皮抽出物(PAQR)配合食品のスギ花粉症に対する有効性

薬理と治療 2006; 34(11): 1215-1229.

鰹だし摂取が乾燥肌・荒れ肌に及ぼす影響

健康・栄養食品研究 2006; 9(1): 53-62.

白甘藷由来糖ペプチド含有錠菓の空腹時血糖障害(境界型)における有効性および安全性の検討

健康・栄養食品研究 2006; 9(1): 27-42.

ゴマ蛋白質由来ペプチド添加茶飲料の血圧に対する作用

健康・栄養食品研究 2006; 9(1): 1-14.

機能性食品素材の有効性の評価方法

食品と科学 2006; 48(12): 83-89.

内臓脂肪蓄積量が食後血清脂質に与える影響と脂質レス食品の有用性

Progress in Medicine 2006; 26(9): 2277-2282.

疲労回復用特定保健用食品に関する一考察

NEW FOOD INDUSTRY 2006; 48(9): 65-77.

「サーモンペプチド配合飲料」の正常高値および軽症高血圧に対する長期摂取時の有効性および安全性の検討

薬理と治療 2006; 34(10): 1119-1135.

生活習慣病予防と厚生労働省許可特定保健用食品(トクホ)

大阪府内科医会 会誌 2006; 15(2): 175-187.

Antipsychotic medication and cognitive function in schizophrenia

Schizophrenia Research 2006; 86(1-3): 138-146.

身体疲労定量化法の検討

日本未病システム学会雑誌 2006; 12(1): 92-93.

松樹皮抽出物配合茶飲料の血管内皮機能に対する効果とその安全性

薬理と治療 2006; 34(5): 511-528.

Effects of chlorogenic acids in hydroxyhydroquinone-reduced coffee on blood pressure and vascular endothelial function in humans

Progress in Medicine 2006; 26(7): 1723-1736.

未病とストレス -ストレスと疲労を科学し、その克服法を探る-

日本未病システム学会雑誌 2006; 12(1): 28-31.

Discrepancy of performance among working memory-related tasks in autism spectrum disorders was caused by task characteristics, apart from working memory, which could interfere with task execution.

Psychiatry and Clinical Neurosciences 2006; 60(3): 312-318.

アガリクス茸(ABMK)の軽症高血圧者に対する4週間連続摂取時の臨床検査値に及ぼす影響

Health Sciences 2006; 22(3): 316-328.

Effect of corosolic acid on postchallenge plasma glucose levels.

Diabetes Research and Clinical Practice 2006; 73(2): 174-177.

「ヤーコン葉・茎エキス配合食品」の血糖正常高値者および境界型糖尿病者に対する血糖上昇抑制効果

薬理と治療 2006; 34(6): 737-746.

トマト酢含有飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性および安全性の検討

薬理と治療 2006; 34(6): 723-735.

γ-アミノ酪酸(GABA)含有減塩しょうゆの長期摂取時の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する有効性および安全性の検討

薬理と治療 2006; 34(6): 691-709.

「特定保健食品許可獲得の流れから学ぶ」
 -メタボリックシンドロームおよび疲労を対象とした用途拡大に向けて-

第31回 日本香粧品学会 学術大会 講演要旨 2006; June8-9,: 5-6.

「ローヤルゼリータンパク質加水分解物」の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性と安全性

Health Sciences 2006; 22(2): 204-219.

疲労物質と体質改善

日本体質医学会雑誌 2006; 68(1/2): 95-100.

サプリメントと臨床検査
 -健康と食の安全性- 疲労とサプリメント

臨床病理レビュー 特集 別冊 2006; 135: 131-139.

N-アセチルグルコサミン配合調整豆乳の変形性膝関節症に対する長期摂取時の有効性および安全性の検討

薬理と治療 2006; 34(1): 149-165.

Bacillus subtilis K-2株(芽胞)含有納豆が健常成人の排便状態および糞便内菌叢に及ぼす影響ならびに過剰摂取による安全性の検討

薬理と治療 2006; 34(1): 135-148.

総コレステロール正常値者および軽度高コレステロール血症者を対象とした長期摂取における大豆タンパク質含有豆乳の血清脂質に及ぼす影響

薬理と治療 2006; 34(1): 119-134.

「姫マツタケ(岩出101株)凍結乾燥品」の連続摂取における安全性

薬理と治療 2006; 34(1): 103-117.

大豆タンパク質配合調整豆乳の過剰摂取における安全性

日本臨床栄養学会雑誌 2006; 27(3): 289-298.

正常域及び軽度高コレステロール血症者を対象とした長期摂取における大豆タンパク質配合調整豆乳の血清脂質に及ぼす影響

日本臨床栄養学会雑誌 2006; 27(3): 274-288.

女性を対象とした長期摂取におけるガレート型カテキン配合飲料の血清コレステロール低下作用

Health Sciences 2006; 22(1): 60-71.

抗疲労トクホの開発、その現状と展望

FOOD Style 21 2006; 10(1): 37-41.

健常成人を対象とした「カルシウム強化乳飲料」の過剰摂取時の安全性

健康・栄養食品研究 2005; 8(3/4): 27-37.

Antihypertensive effect of casein hydrolysate in a placebo-controlled study in subjects with high-normal blood pressure and mild hypertension.

British Journal of Nutrition 2005; 94(1): 84-91.

Effect of powdered fermented milk with Lactobacillus helveticus on subjects with high-normal blood pressure or mild hypertension.

Journal of the American College of Nutrition 2005; 24: 257-265.

Effect of casein hydrolysate, prepared with protease derived from Aspergillus oryzae, on subjects with high-normal blood pressure or mild hypertension.

JOURNAL OF MEDICAL FOOD 2005; 8: 423-430.

「べにふうき」緑茶の抗アレルギー作用ならびに安全性評価
 -軽症から中等症の通年性アレルギー性鼻炎有症者を対象として-

日本食品新素材研究会誌 2005; 8(2): 65-80.

大豆タンパク質含有豆乳の過剰摂取における安全性の検討

新薬と臨床 2005; 54(12): 1639-1652.

ストレス概論 ストレスによる疲労とその定量評価系の開発及び展望

食品加工技術 2005; 25(3): 104-113.

サーデンペプチド含有茶飲料の過剰摂取時の安全性

薬理と治療 2005; 33(11): 1113-1125.

サーデンペプチド含有茶飲料の正常高値および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性および安全性の検討

薬理と治療 2005; 33(11): 1127-1140.

有胞子性乳酸菌(Bacillus coagulans SANK70258)のスギ花粉症に対する有用性の検討

新薬と臨床 2005; 54(11): 1505-1524.

『リンゴポリフェノール配合飲料』の有効性試験および過剰摂取時の安全性

薬理と治療 2005; 33(9): 893-911.

「大豆たんぱく質粉末食品」の血清総コレステロール正常値者および軽度高コレステロール血症者に対する長期摂取時の有効性および安全性試験

薬理と治療 2005; 33(9): 913-926.

ローヤルゼリータンパク質加水分解物の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する降圧作用の検討

健康・栄養食品研究 2005; 8(2): 37-55.

機能性食品とは
 トクホ・健康食品・医薬品を正しく理解する

糖尿病ケア 2005; 2(10): 1038-1043.

通年性アレルギー性鼻炎患者を対象とした「べにふうき」緑茶の抗アレルギー作用並びに安全性評価

日本臨床栄養学会雑誌 2005; 27(1): 33-51.

バイオマーカーと新規食薬開発 -快適性の医療実現に向けた疲労定量化の試み-

日皮協ジャーナル 2005; 54: 67-77.

Spatial working memory deficit correlates with disorganization symptoms and social functioning in schizophrenia.

Psychiatry and Clinical Neurosciences 2005; 59(4): 453-460.

特集高血圧発症の分子機構の新展開 高血圧治療と健康食品

分子心血管病 2005; 6(4): 379-385.

Tea Catechins with a Galloyl Moiety Reduce Body Weight and Fat

Journal of Health Science 2005; 51(2): 161-171.

食品のヒト試験に関する信頼性基準

健康・栄養食品研究 2005; 8(1): 63-69.

食品の有用性と安全性の評価及びCRO(開発業務受託機関)の重要性について

食品工業 2005; 48(9): 59-67.

「ローヤルゼリー分解物配合飲料」の正常血圧者に対する連続摂取時および過剰量摂取時の安全性

新薬と臨床 2005; 54(5): 602-619.

特集:慢性疲労症候群(CFS)研究の進歩と診療への手引き 4.疲労研究における最近の進歩 3)疲労の定量化

Progress in Medicine 2005; 25(5): 1327-1332.

軽度および境界域の高コレステロール血症者を対象とした長期摂取におけるリン脂質結合大豆ペプチド(CSPHP)含有飲料の血清コレステロール低下作用

Health Sciences 2005; 21(2): 257-268.

ローヤルゼリー分解物配合飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する有効性と安全性

Health Sciences 2005; 21(2): 229-245.

正常高値および軽症高血圧に対する杜仲葉エキス配合茶飲料の有効性と安全性に関する検討

Health Sciences 2005; 21(2): 198-211.

「難消化性デキストリン配合ビアテイスト飲料」の食後血糖上昇抑制効果の検討

新薬と臨床 2005; 54(3): 346-356.

Effect of bread containing resistant starch on postprandial blood glucose levels in humans.

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2005; 69(3): 559-566.

変形性膝関節症に対するグルコサミン配合食品の有用性

新薬と臨床 2005; 54(2): 167-179.

Clinical effects of Lactobacillus acidophilus strain L-92 on perennial allergic rhinitis: a double-blind, placebo-controlled study.

Journal of Dairy Science 2005; 88(2): 527-533.

ビタミンK2(MK-4)添加卵殻カルシウム錠菓の摂取が中高年女性の血清オステオカルシン濃度に及ぼす影響

日本臨床栄養学会雑誌 2005; 26(2,3): 245-253.

臨床試験におけるバイオマーカーの開発と臨床評価

PHARM STAGE 2005; 4(12): 46-54.

シリーズ「ヘルスクレームの科学的根拠」-12-新規ヘルスクレームである抗疲労トクホ上市に向けて

ILSI(Int Life Sci Inst Jpn) 2005; 81: 4-11.

燕龍茶フラボノイド含有飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する降圧効果

Health Sciences 2005; 21(1): 115-129.

CRO(Contract Research Organization,開発業務受託機関)

Health Sciences 2005; 21(1): 32-33.

「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有する野菜果実飲料の正常血圧者および高血圧者に対する過剰摂取時の安全性

健康・栄養食品研究 2004; 7(4): 17-30.

Objective determineation of fatigue development following sun exposure using Advanced Trail Making Test

International Journal of Cosmetic Science 2004; 26(1): 9-17.

A Double-blind, Placebo-Controlled Study on the Effects of Mayonnaise Containing Free Plant Sterol on Serum Cholesterol Concentration; Safety Evaluation for Normocholesterolemic and Mildly Hypercholesterolemic Japanese Subjects

JOURNAL OF OLEO SCIENCE 2004; 53(2): 79-88.

『グアーガム分解物配合ドリンクヨーグルト』の食後血清トリグリセリド値上昇抑制効果の検討

健康・栄養食品研究 2004; 7(3): 1-17.

「GABA含有錠菓」の正常高値および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性および安全性試験

薬理と治療 2004; 32(12): 929-944.

「グアーガム分解物配合ドリンクヨーグルト」の長期摂取時および過剰摂取時の安全性

薬理と治療 2004; 32(12): 915-927.

「GABA含有錠菓」過剰摂取時の安全性試験

新薬と臨床 2004; 53(12): 1492-1508.

機能性食品素材開発の近況(I)バイオマーカーによる機能性食品の評価-疲労トクホ上市に向けて-

ジャパンフードサイエンス 2004; 43(12): 39-44.

植物ステロール含有マヨネーズタイプの血清コレステロール濃度低下作用および安全性

日本油化学会年会講演要旨集  2004; 43: 237.

疲労の定量化および抗疲労食薬の開発

Bio Industry 2004; 21(10): 50-57.

疲労の分子神経メカニズム
 疲労の定量化と前頭葉機能、自律神経機能

Molecular Medicine 2004; 41(10): 1277-1282.

「海苔オリゴペプチド含有食品」の長期摂取による正常高値血圧者に対する有効性と安全性

健康・栄養食品研究 2004; 7(2): 43-58.

「食物アレルギーを科学する」に寄せるL-92乳酸菌の抗アレルギー作用

アレルギーの臨床 2004; 319: 537-541.

疲労の科学 バイオマーカーによる疲労の評価

食品と科学 2004; 46(7): 73-76.

脳機能パフォーマンスの低下を指標とした身体への太陽光曝露による疲労発生の評価

日本化粧品技術者会誌 2004; 38(2): 95-103.

軽度及び境界域の高コレステロール血症者に対する調整豆乳の有効性と安全性の検討

日本食品新素材研究会誌 2004; 7(1): 41-53.

脳機能パフォーマンスの低下を指標とした身体への太陽光曝露による疲労発生の評価

日本化粧品技術者会誌 2004; 38(2): 95-103.

「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有する液状ヨーグルトの長期摂取が正常高値血圧に及ぼす影響

健康・栄養食品研究 2004; 7(1): 123-137.

担子菌マツタケ・クレハM6271株菌糸体(M6271)配合顆粒の健常者に対する過剰摂取による安全性試験

新薬と臨床 2004; 53(5): 599-613.

キノコ菌糸体の健康食品としての利用 マツタケ菌糸体の開発を事例として

バイオサイエンスとインダストリー 2004; 62(5): 329-332.

杜仲葉配糖体配合飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する降圧効果

Health Sciences 2004; 20(2): 166-176.

「疲れ」について

Health Sciences 2004; 20(2): 229-231.

日本人成人男女における植物ステロールエステル含有マヨネーズの過剰摂取による臨床検査値および血清脂質への影響

Health Sciences 2004; 20(2): 177-189.

食機能の評価法 食品の抗疲労機能の評価法

食品と開発 2004; 39(3): 5-7.

GABA含有はっ酵乳製品の正常高値血圧者に対する降圧効果

日本食品科学工学会誌 2004; 51(2): 79-86.

疲労の経済学

脳21 2004; 7(1): 64-67.

ローヤルゼリー分解物の正常高値および軽症高血圧者に対する降圧作用の検討

健康・栄養食品研究 2004; 7(3): 53-71.

疲労の定量化とバイオマーカー

脳21 2004; 7(1): 32-35.

Advanced Trail Making Test (ATMT) によるVisuospatial Working Memoryの測定 精神疾患における応用可能性について

精神医学 2003; 45(12): 1291-1296.

トクホの評価法の現状と問題点

日本食物繊維研究会誌 2003; 7(2): 133-134.

乳酸菌(ラクトバチルスロイテリー菌)を含む食品が便通に及ぼす影響

Health Sciences 2004; 20(1): 52-59.

「海苔オリゴペプチド含有食品」の長期摂取による正常高値および軽症高血圧者に対する有効性と安全性

Health Sciences 2004; 20(1): 91-102.

わかめペプチド含有ゼリー状食品の正常高値血圧者に対する降圧作用

Health Sciences 2004; 20(1): 103-114.

食品の有用性と安全性の評価

Health Sciences 2004; 20(1): 33-35.

Effects of long-term intake of mayonnaise containing phytosterolester on blood cholesterol concentration in japanese with borderline or mild cholesterolemia.

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 2003; 33(3): 75-82.

GABA含有はっ酵乳製品の正常高値および軽症高血圧に対する長期摂取時の有効性と安全性

健康・栄養食品研究 2003; 6(2): 51-64.

高血圧者を対象とした「イワシ由来ペプチド含有食品」の過剰摂取時の安全性

健康・栄養食品研究 2003; 6(2): 99-112.

イワシ由来ペプチド含有錠菓の正常高値血圧、高血圧に対する効果

健康・栄養食品研究 2003; 6(2): 83-98.

イワシ由来ペプチド含有食品の正常高値血圧、高血圧に対する効果

健康・栄養食品研究 2003; 6(2): 65-82.

海苔オリゴペプチド含有食品の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する過剰摂取時の安全性

健康・栄養食品研究 2003; 6(2): 113-127.

白甘藷由来糖ペプチド含有錠菓の長期摂取による境界型および軽症2型糖尿病者の空腹時血糖値への影響

健康・栄養食品研究 2003; 6(1): 99-112.

人参を主原料とした「β-カロテン高含有野菜ジュース」の境界域および軽度高コレステロール血症者に対する有用性と安全性

健康・栄養食品研究 2003; 6(1): 37-50.

植物ステロールエステル含有マヨネーズが境界域および軽度高脂血症者の血中コレステロールに及ぼす影響

健康・栄養食品研究 2003; 6(1): 21-35.

食酢配合飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する降圧効果

健康・栄養食品研究 2003; 6(1): 51-68.

天然型N-アセチルグルコサミン含有ミルクの変形性膝関節症に対する治療効果

新薬と臨床 2003; 52(3): 301-312.

ATMTを用いた疲労定量化法の開発

疲労と休養の科学 2003; 18(1): 13-19.

疲労の客観的評価 疲労の定量化法

医学のあゆみ 2003; 204(5): 377-380.

食酢配合飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する降圧効果

健康・栄養食品研究 2003; 6(1): 51-68.

健常者を対象としたノンアルコールビール「Buckler」摂取による精神機能への影響

新薬と臨床 2003; 52(1): 62-74.

Tea Catechins Reduce Serum Cholesterol Levels in Mild and Borderline Hypercholesterolemia Patients

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 2003; 33(3): 101-111.

わかめペプチド含有ゼリー状食品の過剰摂取および長期摂取時における安全性

健康・栄養食品研究 2002; 5(3): 83-97.

わかめペプチド含有ゼリー状食品の軽症高血圧に対する降圧作用

健康・栄養食品研究 2002; 5(3): 67-81.

「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有する液状ヨーグルトの軽症高血圧に対する有用性の検討

健康・栄養食品研究 2002; 5(3): 55-66.

難消化性デキストリン含有茶飲料が軽度高トリグリセリド血症に及ぼす影響

健康・栄養食品研究 2002; 5(3): 117-130.

境界域及び軽度高コレステロール血症に対しLactobacillus gasseri(ガゼリ菌SP株)を含有する発酵乳は血清コレステロール値を低下させる

日本乳酸菌学会誌 2002; 13(2): 114-124.

海苔オリゴペプチドの軽症および中等症高血圧者に対する血圧降下作用

日本臨床栄養学会雑誌 2002; 24(1): 30-37.

境界域および軽度高コレステロール血症者に対する大豆たんぱく質含有ビスケット様食品の血清脂質低下効果

健康・栄養食品研究 2002; 5(1): 21-33.

疲労の生理と測定・定量化法および食品による緩和~疲労予防・回復食品の特定保健用食品への展望~

FOOD Style 21 2002; 6(3): 51-54.

脂質と栄養機能(DHA・EPA協議会セミナーより)脂質と栄養機能食品-脂質に関する特定保健用食品のヒト臨床試験の現状と課題について

食品と開発 2002; 37(2): 11-13.

新規酸乳飲料が軽症および中等症高血圧者に与える効果

新薬と臨床 2002; 51(1): 60-69.

食酢飲料の軽症および中等症高血圧者の血圧に及ぼす影響

健康・栄養食品研究 2001; 4(4): 47-60.

健常者を対象とした「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」含有錠菓の大量摂取による安全性の検討

健康・栄養食品研究 2001; 4(4): 37-46.

「ラクトトリペプチド(VPP、IPP)」を含有する錠菓のヒト血圧に及ぼす影響

健康・栄養食品研究 2001; 4(3): 51-61.

酸乳の軽症および中等症高血圧者に対する降圧効果

日本栄養・食糧学会誌 2001; 54(6): 347-354.

スギ花粉症に対する、甜茶、シソ含有食品(グミ)長期投与による臨床的検討 -プラセボを対照とした二重盲検比較試験-

日本臨床栄養学会雑誌 2001; 23(3): 5-14.

糖質代謝改善錠「カイアポハーブ」のII型糖尿病者に対する有用性と安全性評価

新薬と臨床 2001; 50(10): 1079-1089.

難消化性デキストリンを含有する茶飲料の長期摂取における安全性

健康・栄養食品研究 2001; 4(2): 19-26.

白甘藷糖タンパクの境界型および軽症2型糖尿病者に対する空腹時血糖値改善効果の検討

日本栄養・食糧学会誌 2001; 54(4): 213-220.

グルコサミンにおける美肌効果の臨床的検討

キチン・キトサン研究 2001; 7(2): 148-149.

乾燥肌に対するグルコサミン塩酸塩の臨床効果

日本食品科学工学会誌 2001; 48(5): 335-343.

乾燥肌に対するヒアルロン酸含有食品の臨床効果 -顕微鏡的皮膚表面解析装置による客観的評価結果-

新薬と臨床 2001; 50(5): 548-560.

酸乳飲料の軽症および中等症高血圧症者に対する降圧効果

日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 2001; 55: 207.

疲労の実態調査と健康づくりのための疲労回復手法に関する研究 疲労の定量化技術の開発 ATMT精神疲労評価について(厚生労働省S)

疲労の実態調査と健康づくりのための疲労回復手法に関する研究 平成12年度研究業績報告書 2001; 60-64.

乳酸菌飲料摂取による便秘傾向を有する健常者の排便状況の改善効果

健康・栄養食品研究 2000; 3(3): 59-68.

難消化性デキストリン含有飲料の脂質代謝および肥満関連指標に対する有用性

健康・栄養食品研究 2000; 3(3): 47-58.

Salacia reticulata水抽出物における境界型および軽症2型糖尿病症例に対する臨床効果

日本栄養・食糧学会誌 2000; 53(5): 199-205.

冬虫夏草菌糸体エキスおよびアヤムラサキアントシアニン配合飲料の精神機能の向上に及ぼす効果について

新薬と臨床 2000; 49(9): 857-866.

シイタケ菌糸体抽出物における境界域および軽度肝機能障害に対する臨床的検討

日本臨床栄養学会雑誌 2000; 22(1): 22-31.

γ-アミノ酪酸蓄積脱脂コメ胚芽の経口投与における更年期障害及び初老期精神障害に対する効果

日本食品科学工学会誌 2000; 47(8): 596-603.

新規大豆オリゴ糖含有飲料が便秘傾向の対象者の糞便内細菌叢および便通に与える影響

新薬と臨床 2000; 49(7): 656-665.

N-アセチルグルコサミン配合食品における美肌効果の臨床的検討 -3次元的画像解析による客観的評価-

新薬と臨床 2000; 49(5): 539-548.

亜鉛などの微量元素およびマグネシウム経口摂取時のType-II糖尿病に対する効果 -ヒバマタ加工食品「ソルティアR」を用いた臨床的検討-

新薬と臨床 2000; 49(5): 532-538.

Trail-Making-Testを改良した「ATMT脳年齢推測・痴呆判別ソフト」の臨床的有用性 ータッチパネルを用いた精神作業能力テストの開発ー

新薬と臨床 2000; 49(4): 448-459.

大豆タンパク含有粉末スープにおける境界域および軽度高コレステロール血症に対する有用性と安全性の検討ーPlaceboを比較対照とした二重盲検結果ー

新薬と臨床 2000; 49(3): 270-284.

大豆発酵物(Z851)摂取時のヒトにおける免疫賦活効果-健常被験者を対象としたPlaceboとのクロスオーバー二重盲検試験結果-

新薬と臨床 2000; 49(3): 257-269.

受験期の児童を対象とした仮性近視者に対するブルーベリーエキスの視力回復効果について

新薬と臨床 2000; 49(1): 72-79.

白甘藷糖たんぱく含有食品長期投与時の薬物治療経験のないNIDDMに対する適正用量及び有用性・安全性調査

健康・栄養食品研究 1999; 2(2): 58-69.

食品における免疫賦活効果の実証試験法の開発-オリゴグルコサミンを用いた試験例-

FOOD Style 21 1999; 3(12): 27-32.

マリアアザミ抽出エキス(シリマリン)含有食品における肝機能改善作用の臨床的検討

日本臨床栄養学会雑誌 1999; 21(2): 85.

マリアアザミ抽出エキス含有食品(生活習肝R)における肝機能改善作用の臨床的検討

新薬と臨床 1999; 48(9): 1206-1217.

oligoglucosamine経口投与におけるNK細胞活性からみたヒトに対する免疫賦活性の検討-健常被験者を対象としたplaceboとのクロスオーバー二重盲検試験結果-

日本臨床栄養学会雑誌 1999; 21(1): 41-47.

ギャバ(γ-アミノ酪酸)を多く含んだ脱脂米はい芽の有効利用(農林水産省食品総合研究所S)

食品研究成果情報 1999; 11: 8-9.

畜産物由来成分の酩酊及び二日酔いに対する効果について

食肉の科学 1999; 40(1): 185-188.

Salacia reticulata水抽出物の軽度及び境界域糖尿病者に対する臨床効果について

日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 1999; 53: 155.

ブルーベリーの眼精疲労に対する効果

FOOD Style 21 1999; 3(3): 30-35.

ギャバ(γ-アミノ酪酸)を多く含んだ脱脂米胚芽の有効利用

近畿中国農業研究成果情報 1998; 197-198.

ブルーベリーの機能と効果 ブルーベリーエキスにおける精神疲労及び眼精疲労に及ぼす作用の臨床的検討 総合医科学研究所共同研究報告

食品工業 1998; 41(16): 29-35.

GABA富化米はい芽の更年期障害及び初老期精神障害に対する効果の検討

日本食品科学工学会大会講演集 1998; 45: 115.

変形性膝関節症に対するグルコサミン塩酸塩の治療効果

日本臨床栄養学会雑誌 1998; 20(1): 41-47.

富化γ-アミノ酪酸経口投与における更年期障害及び初老期精神障害に対する効果-農林水産省共同研究-

大阪外国語大学論集 1998; 19: 151-158.

アントシアニン配糖体における精神疲労及び眼精疲労に及ぼす作用の臨床的検討

大阪外国語大学論集 1998; 19: 143-150.

ページトップに戻る